03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

今までの支援とこれから

2015/02/21
今日2/21(土)の午前中は秋田市の遊学舎で
秋田県内避難者こころの寄り添い研修会
がありました。

今回のテーマは

「避難してきた子供への心理的支援と対人援助」
講師 兵庫教育大教授 冨永良喜 先生

で、震災から間も無く四年経ち、未だ1000人超の避難者がおられ、中には当然子供たちもいます。

その子供たちが受けたストレッサー(出来事)、ストレス反応、ストレス対処を理解し、こころのサポートプログラムや子供達へのアンケートに基づき相談に乗り、リラックス法を学び、こころのつぶやきをキャッチしましょう

などなど…あっという間の3時間半でした。お話ばかりでなく、グループワークでお互いの行ってきた支援の中で出来たこと、出来なかったこと、難しかったこと、など話し合いの時間も多かったです。
それでも話しながら自分の考えを整理しても伝えきれないことばかり。

震災直後から行ってきたはしご市でのチャリティフリマは明日2/22も行います。売り上げは秋田県に避難してきた方たちへのクラフト講座やコーヒー講座の運営、全体集会でのコーヒー提供などに使わせていただいております。

長引く避難生活の中で、少しでも楽しく過ごせるお手伝いができますように。そして、1000人の皆さん全員を支えることはできなくても、目の前の1人の誰かの背中を温めてあげられますように。
スポンサーサイト
23:41 つれづれなるままに | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示